アパート経営者の方

 固定資産税対策や将来の相続税対策のためにアパートを建てる方が増えています。
 しかし、アパート経営は建てれば儲かるというような簡単なものではありません。
 一般的にアパートは新築から10年間は入居者募集に困らないといわれています。
 ところが新築から10年を経過すると、入居の引き合いが減り、家賃を値下げせざるを得なくなります。
 また、木造の場合、10年を経過すると建物が老朽化し始めますから、修繕費も増加してきます。

 特にハウスメーカーや大手不動産業者による一括借上げを利用した場合、業者に委託管理手数料を支払うので、オーナーの手元に残る利益はごくわずか、場合によっては赤字ということも珍しくありません。
 このように、アパート経営は必ずしも大きな利益を生み出すものではありません。

 そこで、当事務所では、アパート経営者の方向けに月次顧問料をゼロにし、確定申告時の報酬のみを頂くというサービスを提供致します。
 具体的には、アパート1棟経営の場合、月次顧問料ゼロ、確定申告時8万円+消費税となります。
 提供するサービスにつきましては、月次決算や四半期・半期決算には対応しませんが、経営相談には回数の制限なく面談にて対応します。
 なお、複数棟をお持ちの方の月次顧問料につきましては別途ご相談となります。